副業

Webライターで始める副業

副業を認める企業が増えてきたことにより、さまざまな副業に注目が集まっています。その中でも始めるハードルの低さや即金性の高さから、特に人気を集めているのが「webライター」です。皆さんも始めたいと思っているのではないでしょうか。

とはいえ、

  • webライターってどんな仕事なんだろう
  • 副業でwebライターを始めたらどれくらい稼げるのかな?
  • 文章を書いた経験なんてないけど、未経験から副業でwebライターを始められる?

など、いろいろ迷っている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、webライターとはどんな仕事なのか、どれくらい稼げるのか、副業で始めるメリットやデメリットなど詳しく紹介します。

この記事を読めば「学生時代以降に長文を書いた経験がない」そんな方でも副業でwebライターを始められるので、ぜひご一読ください。

webライターとは

webライターの仕事は主にweb上の記事を書くこと、これは知っている方も多いでしょう。ただ、具体的な仕事内容や稼げる金額については詳しく分かりませんよね。そこでまずはwebライターとはどんな仕事なのか、どれくらい稼げるのか紹介します。

webライターの仕事内容

webライターの仕事は、依頼主の希望に沿って記事を執筆することです。執筆業務のみを担当する場合もあれば、記事内に挿入する画像の選定や文字装飾まで任される場合もあります。

執筆するテーマはさまざまで、すでに知識や経験のあるジャンルであれば、それを活かして執筆を進めます。ただしほとんどの場合は知見のないジャンルなので、その都度ネットで検索をしたり書籍で勉強したりして知識を身に付けてから執筆することになるでしょう。

また、最近ではwebライターの業務範囲が広がっていて、取材記事やメールマガジンの執筆、YouTube動画の台本作成などの仕事も増えています。

webライターで稼げる金額

webライターで稼げる金額は、専業の場合は月収20~40万円が平均と言われています。また副業の場合は数千円の人もいれば、月10万円以上稼いでいる人もいます。

これだけ稼いでいる金額に差が生じる理由は、webライターの報酬は単価や作業量によって大きく変わるからです。webライターの報酬は基本的に文字単価で支払われます。「1文字〇円」といった計算方法です。未経験の場合、文字単価は0.5円前後が相場になります。1記事3,000文字だとすると、報酬は1,500円です。

ただ、経験やスキルを積んでいくと、単価はどんどん上がっていきます。1文字2円まで上がったとすると、3,000文字の報酬は6,000円です。このように、文字単価によって報酬額が全然変わってくるため、人によって稼いでいる額に差が生まれやすいのです。

目安としては、だいたい全体の相場が文字単価1円前後です。3,000文字の記事を書くのにかかる時間を2~3時間だとすると、時給換算で1,000~1,500円は誰でも目指すことができるでしょう。

webライターは副業にピッタリ

webライターはPC1台あればどこでも作業ができるので、副業で始める人が多い仕事です。また、スマホでの執筆も可能なので、通勤時間などのスキマ時間を有効活用できます。

その上、PCやスマホで作業が完結するから身体的な疲れが少ないのも魅力的な要素です本業で働きながらパート・アルバイトを掛け持ちする、そんな働き方より断然ラクにお金を稼ぐことができます。そのため、webライターは副業にピッタリの仕事なのです。

副業webライターに向いている人の特徴3つ

以下の3つに当てはまる方であれば、副業webライターに向いているでしょう。

  • 文章を書くのが嫌いではない
  • 1人で黙々と作業するのが好き
  • 気になることがあったらネット検索で調べる週間がある

他の副業と迷っているなら、自分がwebライターに向いているのか確かめてみてください。

文章を書くのが嫌いではない

webライターは文章を書くのが仕事なので、当然その作業が大嫌いなら続けるのは難しいでしょう。

ただし、文章が好きな必要はありません。

  • 学生時代に国語の成績が悪かった
  • 読書感想文や小論文に嫌な思い出しかない

そんな方でもwebライターとしてガンガン稼いでいます。これはwebライターは0から文章を作り出す仕事ではないからです。

webライターに求められるのは、適切な情報を集めてわかりやすくまとめることです。わかりやすい文章を書くための型はある程度決まってるので、あとは集めた情報を型通りに配置して文章としてつなげるだけ、いわばパズルのようなイメージです。学生時代に経験した文章作成とは全然別のものでしょう。

文章を書くのに苦手意識があっても、大嫌いでなければ挑戦してみてください。始めてみたら意外と楽しいと感じるかもしれません。

気になることがあったらネット検索で調べる習慣がある

webライターはまったく知識のないテーマで執筆を任されることがあります。その場合、ネット上から必要な情報をもってこなければいけません。そこで普段からネット検索を活用している方であれば、効率良く情報を探し出すことができます。

自分の知りたい情報を見つけるにはどのキーワードで検索すればいいか、その判断ができるだけでwebライターとして一気に稼ぎやすくなるでしょう。

1人で黙々と作業するのが好き

webライターの仕事は1人でおこなう業務がほとんどなので、任された仕事を黙々と進められる人に向いてます。「常に誰かと一緒にいたい」「チームで働きたい」そんな人は苦に感じるかもしれません。

ただし最近では副業webライター同士で繋がりを持てるコミュニティが増えているため、ある程度孤独感を和らげることはできます。

webライターを副業で始める5つのメリット

webライターを副業で始めるメリットは5つあります

  • 好きな時間に好きな場所で働ける
  • 即金性が高い
  • さまざまな分野の知識が増える
  • 文章スキルが向上する
  • 転職・独立への可能性が広がる

それぞれ詳しく紹介します。

好きな時間に好きな場所で働ける

webライターを副業にする最大のメリットは、時間や場所に縛られず自分の生活に合わせた働き方ができることです。自宅やカフェなど好きな場所で働けて、納期さえ守れば働く時間も自分で決めることができます。そのため、本業の邪魔にならずに副業で稼ぐことができるでしょう。

即金性が高い

webライターを始めるのに必要な資格はなく、日本語を使えれば誰でも始めることができます。そのため、動画編集やプログラミングなど他の副業に比べてすぐに稼ぐことが可能です。

即金性が高いと「会社からの給料ではなく個人でお金を稼げた」「自分の書いた文章に価値があるんだ」とすぐに達成感を得られるので、三日坊主で継続が苦手だった方でも挫折しづらくなります。

さまざまな分野の知識が増える

webライターは任されるテーマがさまざまで、それに合わせて毎回リサーチをおこないす。

そのため、自分で「勉強しよう!」と張り切らなくても自然と知識が身に付きます。

今まで興味がなかった、そもそも存在すら知らなかった分野に触れる機会が増えることで、新しい趣味や仕事に出会えるかもしれません。

文章スキルが向上する

webライターを続けていくと、正しい日本語を使ってわかりやすい文章を書くスキルが培われます。文章を書くこと自体に慣れたり、依頼主さんからフィードバックをもらったりすることで、スキルを高められるのです。

文章スキルを鍛えることは、本業でも大いに役立ちます。例えば、取引先や上司にメールを送るときにわかりやすく好印象な文章を作成できたりなど、どんな仕事でも少なからず文章を書く機会はやってくるので、文章スキルは身に付けて置いて損はないでしょう。

転職・独立への可能性が広がる

webライターで稼ぐ額が増えると本業一本でいく道も見えてきます。転職して文章を作成する業務につき、自分の好きなことを仕事にできます。

また、独立して個人でやっていくことも可能です。PC1台で場所や時間に縛られずに仕事ができる、そんな働き方に憧れを持っている方は独立への第一歩としてwebライターを始めてみるのもいいかもしれません。

webライターを副業で始める2つのデメリット

webライターは即金性が高く時間や場所に縛られないため、副業にピッタリな仕事です。ただ、いくつか気をつけなければいけないデメリットもあります。副業でwebライターに挑戦する前に頭に入れておきましょう。

余暇時間が減る

webライターを始めると本業以外の時間を執筆作業に回さないといけないため、どうしても休みが減ってしまいます。それが原因でストレスや疲れが溜まり、体調を崩してしまうことも考えられます。

副業で稼げるようになったとしても、本業に支障をきたしては意味がありません。余暇時間を確保しながらゆっくり進めてみてください。

まとまったお金を稼げるようになるには時間がかかる

webライターの魅力として即金性の高さが挙げられます。たしかに月数万なら未経験からでも半年あればクリアできることがほとんどです。

ただ、そこからさらに収入を伸ばしていくとなると、さらなる経験やスキルが必要になります。そのためには数をこなしていくしかないので、一気にまとまった金額を稼げるようになるのは難しいでしょう。目の前の依頼に食らいついて一生懸命執筆していれば一歩ずつ前進していくので、コツコツと続けていく意識が大切です。

未経験から副業でwebライターを始める方法

未経験から副業でwebライターを始めるには、以下の3STEPが大切になります。

  • STEP1.文章スキルを学ぶ
  • STEP2.ブログを作って文章を書いてみる
  • STEP3.仕事を受ける

それぞれ詳しく紹介します。

STEP1.文章スキルを学ぶ

まずは文章スキルを学びます。一番おすすめの方法は、書籍を読んで勉強することです。文章の書き方を学べるのはもちろんですが、ライティングに関する書籍を出せるくらいのプロが書いた文章を読めるので、細かな表現や言い回しも参考になります。

未経験からwebライターを始めるなら、まずは以下の3冊がおすすめです。

沈黙のwebライティング

web上の記事を執筆するためのスキルに特化した書籍です。新聞や雑誌にはないweb記事の特徴を捉え、その上で読まれやすく効果的な記事を書く知識が盛り込まれています。

ストーリー形式で進んでいくため、普段本を読む習慣がない方にもおすすめです。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

文章を書くための基礎的な知識が学べます。webライターに特化した本ではありませんが、文章で稼いでいきたいなら読んでおいて損はないでしょう。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

わかりやすい文章を書くための具体的な方法が書かれています。細かい章に分かれていて自分の知らなかったテクニックだけをつまみ食いできるため、より効率的に文章力を磨くことが可能です。

STEP2.ブログを作って文章を書いてみる

文章スキルを磨いたら、次にブログを開設して文章を執筆してみましょう。

ブログを作るメリットは2つあります。1つめは、勉強した文章テクニックを試せることです。文章は知識を付けただけでは上達しません。実際に書いてみて初めて自分のスキルとして定着します。そのための練習台として、好きなことを書いていいブログは持ってこいです。

ブログを作る2つめのメリットは、実績としてアピールできることです。webライターとして仕事を獲得する際、これまでに書いた記事を見せほしいと頼まれることが多くあります。依頼主側の立場で考えれば、どんな記事を書くのかわからない人に依頼したくないのは当然ですよね。そのため、実績のない初心者ではなかなか仕事をもらうことができません。

そこで役立つのがブログです。ブログを作成して何記事か書いておくと文体のイメージや文章力を確認してもらうことができるので、受注率を大幅に上げることができます。

STEP3.仕事を受ける

ブログで5記事ほど執筆が終わったら、いよいよ仕事探しを始めます。仕事を受けるには営業が必要ですが、無数にある企業の中からweb記事を書いてほしい会社を探し出すのは大変です。また営業経験がない方にとって、いきなり自分を売り込んでいくのはハードルが高いでしょう。

そのため、まずは「クラウドソーシングサイト」を活用するのがおすすめです。クラウドソーシングサイトでは「記事を執筆したい人」と「記事を執筆してほしい人」をマッチングしてくれるので、営業の手間が一気に省けます。

クラウドソーシングサイトに関する詳しい情報は後述します。

初心者webライターにはクラウドソーシングがおすすめ

先ほど紹介した通りwebライターを始めるなら「記事を執筆したい人」と「記事を執筆してほしい人」をマッチングしてくるクラウドソーシングサイトを活用するのがおすすめです。

特におすすめのサイトは以下の3つになります。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

それぞれの特徴を詳しく紹介します。

クラウドワークス

国内最大級のクラウドソーシングサイトです。利用者が多く毎日たくさんの案件が募集されています。初心者・未経験でもOKの仕事もたくさんあるので、これからwebライターを始める方にピッタリです。また、仕事を終えると評価と実績が数値として溜まっていき、最終的には企業側から声をかけてもらえるようになるかもしれません。

ランサーズ

クラウドワークスと並んで人気の高いサイトです。案件数は少なめですが、悪質な依頼主が少なくて単価の高い仕事が多いため、安心して利用できます。

ココナラ

自分から応募するのではなく、相手から声をかけてもらうのを待つタイプのサイトです。こ

ちら側から報酬額を提示するため、単価を上げやすいメリットがあります。ただし自ら営業する方法がなく収入が安定しないため、クラウドワークスやランサーズとの併用もおすすめです。

副業webライターで稼ぐためのポイント5つ

副業webライターとして稼いでいくためには、以下の5つのポイントを意識しましょう。

  • 安すぎる文字単価で仕事を受けない
  • 継続案件をもらえるクライアントを優先する
  • 経験がある・得意なジャンルで執筆する
  • 稼ぎたい金額を明確にする
  • スキルUPする

安すぎる文字単価で仕事を受けない

安すぎる文字単価で仕事を受けてしまうと、どれだけ書いてもお金になりません。例えば1文字0.1円で受けた場合、3,000文字書いても報酬は300円です。時給換算で100円前後になってしまうので、アルバイト・パートの方が全然マシでしょう。

安すぎる文字単価の仕事を受けないためには、自分の中で最低ラインを決めておくことが大切です。完全未経験であれば1文字0.5円を目安に仕事を探してみてください。

継続案件を優先する

クラウドソーシングで応募する際、継続的に仕事がもらえる案件を優先しましょう。これは、継続案件をもらえると仕事を獲得するための作業がなくなって執筆に集中できるからです。

単発で終わってしまう案件だと、その都度営業をしなければいけません。営業には報酬が発生しないため、無給で働く時間が増えてしまうのです。そのため、なるべく継続案件との記載がある仕事に応募しましょう。

経験がある・得意なジャンルで執筆する

まったく知らないジャンルで執筆するとなると、基礎から勉強して知識を身につけないといけません。専門用語が多い分野だとさらに時間がかかるでしょう。

ただ、すでに知識や経験のあるジャンルを選べば勉強の必要がなく、執筆のみに集中できます。また、得意ジャンルや好きなジャンルの仕事は書いていて楽しいので、ストレスを感じず自然と作業量を増やすことができます。

稼ぎたい金額を明確にする

稼ぎたい金額を明確にすることは、モチベーションを保つために大切です。webライターは仕事内容から、どうしても1人で黙々と作業する時間が増えてしまいます。目指しているものが無いと毎日が単純作業になってしまい、次第にやる気もなくなってしまうでしょう。

そこで目標を定めておくことが大切になるのですが、最もわかりやすいのがお金です。月にいくら稼ぎたいのか、そのためには1日いくら稼がなかければいけないのか。より具体的な数字で目標を立てることで、モチベーションを維持できます。

スキルUPする

スキルを身につけることで単価が上がって稼ぎやすくなります。特に以下の2つはどんな依頼でも役に立つので、勉強しておいて損はないでしょう。

  • SEO…執筆した記事が検索結果で上位に表示されやすくなるスキル
  • CMS入稿…テキストファイルで提出するのではなく、WordPressなどのCMSに直接入稿して画像挿入や文字装飾をおこなう

また、依頼の多い分野で専門知識を磨くのもおすすめです。

例えば、

  • 株式投資・FX
  • インターネット回線
  • 不動産
  • 転職
  • 美容

など。

1つの分野で深い知識を身に付けると信頼度が上がり、高い単価で受注できるようになります。

まとめ

この記事では副業webライターについて紹介しました。webライターは時間や場所に縛られずに働けて、スキマ時間も有効活用できるため、副業にピッタリの仕事です。また必要なスキルが少ないため、始めるハードルが低くすぐに稼げるようになるでしょう。

これから副業で稼ぎたいと考えている方は、ぜひwebライターに挑戦してみてください。