副業

Webライター初心者が稼げるようになるまでの道のり

現在、在宅でできる仕事の中で、年齢や経験を問わずにできる「webライター」の仕事は注目を集めています。

そもそも「webライター」とはweb上で記事作成をする人のことで、基本的にはパソコンがあれば場所を選ばずに仕事ができ、主婦や副業をしたい人でもすぐに始められる仕事として人気です。


「webライターってどうやってなれるの?」
「魅力ってなに?」
「webライターは稼げるの?」
と、

webライター初心者にとってはわからないことも多いですよね。

資格を必要とせず自由度が高いとはいえ、webライターで稼げるようになるにはコツがあります。

今回は、webライターの魅力についてご紹介しつつ、webライターとして稼げるようにようになるまでの流れもご紹介していきます。

webライターの魅力

webライターの魅力はいくつかありますが、初心者でも比較的取り組みやすい仕事として始める人が増えています。テレワークが普及している中、さらにwebライター初心者は増えているのではないでしょうか。魅力を感じる点は人それぞれですが、webライターの主な魅力をご紹介します。

在宅で隙間時間でできる

在宅でできるというのはwebライターならではの大きな魅力の一つです。特に、家事や育児をしている主婦にとっては、在宅でできるというのは嬉しいことです。子供が風邪で早退…といった後ろめたい気持ちもなく、家事や育児を片手間でしながらできるというメリットがあります。
在宅であればスケジュール管理は全て自分なので、時間ももちろん自由。子供が寝た夜の時間帯や早朝に仕事をしても問題ありません。

未経験でもできる

webライターは専門的な資格や知識は特に必要なく、未経験でも始められる仕事です。極端に言えば即日からでも仕事ができると言えます。クラウドソーシングサイトの募集要項にも「未経験OK」で提示している案件も多いので、初心者でも気軽に応募できるのが魅力です。

実績を積めば独立できる

webライターは実績を積んでいけば独立してフリーで活躍することができます。独立するまでの期間は人それぞれですが、早ければ3年で独立することも可能です。実績を積むには案件を多くこなすことも大事なことですが、それよりもクライアントからの高い評価を多く残すことの方が重要です。
評価や実績は自分のプロフィール欄に反映されるので、誰でも閲覧することがきます。クライアントからの信用度が高くなることで継続案件として契約してもらえたり、新しい仕事の相談やスカウトが増えていきます。
クラウドソーシングサイトで慣れていくと、webライターとしての知識が増えていくので、サイト外で営業をかけたり、web以外の雑誌のライターや取材ライターとしても幅広く活躍することができます。数をこなしながら高い評価を得つつ、webライターとしての可能性を広げていくことが独立することにつながっていきます。

webライター初心者の仕事の始め方とは?

クラウドソーシングサイトに登録

→削除 H2の見出し文としました。
webライターとして仕事を始めるには、まずクラウドソーシングサイトに登録するのがおすすめです。仕事を発注する側と受注する側をマッチングするサイトで、様々な案件が掲載されています。
また、webライター初心者にとって安全に仕事をするのも大切なポイント。大手のクラウドソーシングサイトでは、仕事を受注する側がクライアントの「発注ルール確認済み」や「本人確認提出済み」などを知ることができ、さらにこれまでに成立した案件の評価やプロジェクト完了率などをクライアントページで見ることができるので、安全面が保たれています。
それでは早速、自分ができそうな案件を探してお仕事スタート!
webライター初心者におすすめの仕事の始め方をご紹介します。

できそうなものはどんな案件でもまずやってみる

クラウドソーシングサイトには、アンケートから商品レビュー、ブログ記事、コラム記事など様々なライティング案件が掲載されています。
案件によってスキルを必要とするものや簡単にできるものなどが豊富にありますが、まず自分ができそうな案件はどんどん応募してみることです。そこで契約が成立しなくても、めげずに応募していくことで契約成立度も上がっていきます。
報酬が高くなっていくとスキルや実績が必要になるので、最初のうちは報酬を気にせず数をこなしていくことが大切です。

体験談やアンケートなどタスク案件から始めてみる

webライター初心者が、最初に取り組みやすいのは自身の体験談やアンケート、レビュー案件などのタスク記事です。専門的な知識やスキルは不要なので、簡単にできます。もちろん報酬は1円や300円など「webライターで稼ぐ」ことからは程遠い金額ですが、これを積み重ねていくことでwebライターの道が開けてきます。
なので、最初から「稼ぎたい」という気持ちでいると難しいかもしれません。気軽な気持ちで始めることをおすすめします。

タスク案件からプロジェクト案件へ進めていく

→追加しました。
タスクの案件に慣れてきたら少しずつプロジェクト案件にトライしていきます。1案件で1000文字程度のものから10000文字あるものまで幅広く、単価も1文字0.1円や10円に及ぶものまであります。
ジャンルも多種多様で、ファッション、美容、IT、グルメ、観光など幅広く、自分の得意なジャンルで応募できるものから始めていきましょう。
単発のタスク記事とは違って、プロジェクト案件になると記事が良ければ継続で依頼してくれることも多く、まとまった報酬を得ることができます。

webライター初心者が気をつけるポイントとは?

クラウドソーシングサイトでタスク案件やプロジェクト案件に慣れてくると、重複して案件を抱えることが多くなってきます。できる範囲内であれば問題ないのですが、キャパオーバーしてしまうと「納期が間に合わない」「記事の内容が薄くなる」「連絡が遅くなる」などwebライターとはいえ、社会人としてのマナーが問われます。手軽に始められるwebライターだからこそ、初心者のうちに気をつけておくべきポイントを知っておきましょう。
H3 自分のキャパを理解しておく→追加しました。
まず、自分が1日のうちでライティングにかける時間をどれくらい確保できるかを明確にしておくことが大切です。日によって確保できる時間が違うならなおさら、タイムスケジュールをしっかり立てておきましょう。
応募したい案件がたくさんあるのは嬉しいことですが、キャパオーバーしてしまってはいいものを納品できません。
また、webライター初心者にありがちなのが、キャパオーバーすることによって無理をしてしまうことです。無理をしてしまうと、家事や育児が疎かになってしまったり、寝不足で体調を崩してしまったりとマイナスなことが起こってくる可能性があります。webライターとしていいスタートを切るためにも、自分のキャパを理解しておくことが大切です。

納期を守る

納期を守ることは、webライターに限らずどんな業種でもビジネスパーソンとしてのマナーです。webライターは記事執筆だけが仕事ではありません。納期どおりに丁寧な記事を届けることが大事です。納期を守らなかった場合、以下のようなデメリットがあります。
クライアントからの信用をなくす
報酬が支払われない可能性がある
継続案件につながらない
納期遅れの癖がついてしまう
などですが、一番はクライアントからの信用がなくなることです。せっかく報酬が高く、自分の得意分野の記事であっても納期を守らなければwebライターとしてやっていくには難しいと思われます。
納期厳守は念頭に置きながら、途中で納期が間に合わないと思ったらすぐにクライアントに相談しましょう。それだけで信用度も変わってきます。
また、納期を守る対策としておすすめなのはスケジュール管理がしっかりできていることです。「週でやること」「今日やること」をリストアップしてタスク管理していることで、納期遅れを防ぐことができます。

迅速・丁寧に連絡を取る

クライアントとの連絡は迅速にかつ丁寧にすることが良い印象を与えられます。基本的に在宅ワークとなるwebライターは、サイト内でのメッセージやビジネスチャットツールなどでやりとりすることがほとんどです。顔が見えないからこそ丁寧な言葉使いやこまめな連絡はクライアントからの信頼も得やすくなります。
記事執筆に関しても、わからないことがあればそのまま進めるのではなく、きちんと聞くことも大切です。

コミュニケーションをしっかり取る

コミュニケーション能力が高い人はクライアントに好印象を与え、社会での適応能力も高いと判断されやすいです。クライアントが求めることを即座に判断して発言したり、提案したり、相談したりすることで互いに気持ち良く仕事ができ、スムーズに案件を進めることができます。
案件に応募して契約をいただけたら、そのまま記事執筆をするのではなく、まずは「ご連絡ありがとうございます」「ご契約いただきありがとうございます」とお礼を述べて、納期や記事作成における詳細に疑問があれば伺うようにしましょう。

怪しい案件に注意する

大手のクラウドソーシングサイトとはいえ、怪しい案件も多数あります。
以下のようなクライアントには気をつけましょう。
 納品したのに連絡が取れない
 LINEなどでやりとりを求めてくる
 先に商品を購入するように勧めてくる
 別の高額案件を紹介される
などの特徴があります。特に、募集タイトルが「簡単!高額!」「簡単に稼げる」などは、全てではありませんが要注意です。

webライター初心者が稼げるようになるには?

webライター初心者とはいえ、すぐに稼ぎたいと思っている人は少なくありません。しかし、やはり初心者は初心者。下積みはしなければなりません。
ここでは、webライター初心者が下積みを経て実際に稼げるようになるには、どのようなことを実践していけばいいのかご紹介していきます。

常にインプットする努力をする(情報を得る)

→追加しました。
インプットとは外からいろんな情報を得ることです。情報を仕入れなければ良い記事にすることができません。
記事作成において、現在ある記事を調査して執筆することは多いですが、だいたいは誰でも調べればわかることです。稼げるwebライターは足を使って、誰も知らない話題や情報を掴んで記事にします。
話題のお店や現在トレンドになっていること、読書、人間ウォッチングなど面白い情報はネット上だけでなく、リアルに目で見ることによって臨場感を記事にして読者に伝えることができます。
そこで初めて面白い記事になり、webライターとして活躍できます。

実績を積む

何度も言いますが、稼ぐようになるにはとにかく実績です。クラウドソーシングサイトでも外部契約でも応募する際には実績を提示するよう記載されています。
実績があると契約にも結びつきやすく、高額案件を取ることができます。
例えば、クラウドワークスでは、全クラウドワーカーの中から実績や評価を加味して定められた基準を満たした人だけがなれる「プロクラウドワーカー」の認定があります。プロクラウドワーカーになると、仕事のスカウトが増えたり、さらに契約してもらえる可能性が高くなるのはもちろん報酬もアップします。
まずはコツコツと実績を積むことが稼げるwebライターになるコツです。

プロジェクト案件&外部契約をいくつか持つ

→追加しました。
一つの案件を丁寧にこなすことはもちろん大事ですが、同時にいくつかプロジェクト案件や外部契約の案件を持っておくと安定した収入が得られることが多いです。
特に、外部契約になると、個人で連絡を取りながら進めていくため、こまめに連絡が取れて進めやすいことや直接支払いにより手数料が引かれないことがメリットです。業務委託契約所を交わすことも多く、継続して案件が受注できるのも稼げるポイントです。

独自で営業をかけていく

クラウドソーシングサイトから直接契約に結びつけることも可能ですが、メディアサイトの採用欄やお問い合わせ欄から直接コンタクトを取るなどして独自に営業をかけていく積極性があるwebライターは稼げるようになります。ただし、この場合も実績ありき。実際に執筆したファイルではなく、掲載されたURLを提示することを求められることが多いです。
また、外部契約になると、履歴書や職務経歴書が必要になるケースも多いので、今時の履歴書や職務経歴書の書き方を知っておくとよいでしょう。

どれだけ稼ぎたいかを明確にする

webライターとしてどれだけ稼ぎたいかを明確にしておくと、どれくらいの単価の案件を取らなければいけないか、どれだけの数を執筆すればいいのかわかるので、的を絞って応募することができます。

様々なジャンルに対応できるスキルを身につける

webライター初心者のうちは、自分の得意分野の募集を見つけて記事作成する方が負担なく執筆できるのでおすすめですが、webライターとして長く続けた場合は、様々なジャンルに対応できる知識やスキルを身につけておく方が執筆できる本数が増えます。できれば、ブログのようなラフな文章から SEOを意識した専門的な文章まで幅広く対応できるwebライターは稼げるようになります。
例えば、得意ではなくても、興味のあるものがあれば書籍や実際に試す機会を増やすなどして知識を増やす努力をしましょう。

得意ジャンルを見つける

興味のあるものや実際に経験があるものなど得意なジャンルが一つあるだけでも、記事に深みが出ます。自分だけが知っていることや経験したことは説得力があるので、ふわっとした記事になりません。
webライターをしていると得意ではないジャンルにも取り組むことが多々ありますが、必死に調べなくてはいけないことが多く、時間と労力の問題があります。

単価の高い案件に応募する

webライターで稼ぐには、やはり単価の高い案件に応募することです。ただ、こちらも実績ありきの前提です。単価が高い案件は専門的なスキルが問われることが多いのが特徴です。例えば、IT関係や保険などビジネス系に多い傾向があります。
それ以外にも単価の高い案件はありますが、契約をしてもらうには他のワーカーに負けないほどの自己紹介文で強い印象を持ってもらうこともコツの一つです。
例えば、実績で「100万PVのある記事を書いた」「サイト内でランキング1位を保持中」などアピールできるポイントを押さえて応募することが大事です。
単価の高い案件を2、3社持っておくと安定した収入を得ることができます。

まとめ

webライター初心者の心得は、まず「数をこなして実績を作る」これに尽きます。

実績がなければ門前払いという事例も多々ある中で、最初のうちから稼ぐという概念をなくしてコツコツ実績を積むことから始めてみてはいかがでしょうか。